風呂敷

【意味】 風呂敷とは、物を包んで持ち運ぶために用いられる四角い布。

【風呂敷の語源・由来】

風呂に敷くことからの名。
室町時代の風呂は蒸し風呂のようなもので、蒸気を拡散させるために「むしろ」「すのこ」「布」などが床に敷かれていたものが起源であるが、現在の風呂敷にあたるものは「平包(ひらづつみ)」と呼ばれていた。
足利義満が大湯殿を建てた際、大名達が他の人の衣服と間違えないよう家紋入りの絹布に脱いだ衣服を包み、湯上りにはこの絹布の上で身繕いをしたこという記録があり、これが「風呂敷」と「平包」の間に位置するものと考えられる。
江戸時代に入り、湯をはった銭湯が誕生し、衣類や入浴用具を四角い布に包まれるようになったのが、現在の風呂敷に最も近いもので、風呂に敷く布のようなもので包むことから「風呂敷包み」や「風呂敷」と呼ばれるようになった。
銭湯が発展したのに伴ない、江戸時代の元禄頃から「平包」に変わり「風呂敷」の呼称が一般に広まっていった。

【関連語】

アタッシュケース 大風呂敷(おおぶろしき) 籠・駕籠(かご)
カバン・鞄(かばん) 蝦蟇口(がまぐち) キスリング
着物(きもの) 巾着(きんちゃく) 財布(さいふ)
敷く・布く(しく) 頭陀袋(ずだぶくろ) 簀の子(すのこ)
セカンドバッグ 銭湯(せんとう) 包む・慎む(つつむ)
デイパック トートバッグ トランク
手拭い(てぬぐい) ナップサック 布(ぬの)
箱(はこ) バス(風呂) バッグ
バックパック ハンカチ 袱紗・帛紗・服紗(ふくさ)
袋(ふくろ) ブリーフケース 風呂(ふろ)
弁当(べんとう) ポーチ(小物入れ) ポシェット
ボストンバッグ ポチ袋(ぽちぶくろ) 筵・蓆・席・莚(むしろ)
湯(ゆ) 結納(ゆいのう) 浴衣(ゆかた)
ランドセル リュックサック

【関連リンク】

「風呂敷」を含むことわざ・慣用句・故事成語・四字熟語の一覧

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

オールガイド違いがわかる事典なぜなに大事典故事ことわざ辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス