風呂吹き大根

【意味】 風呂吹き大根とは、厚く輪切りにした大根を柔らかく茹で、熱いうちに練り味噌をつけて食べる料理。

【風呂吹き大根の語源・由来】

「風呂吹き」は、冷ましながら食べる仕種に由来する。
昔の風呂は蒸し風呂で、熱くなった体に息を吹きかけると垢を掻きやすいため、息を吹きかけ垢をこすり取る者がいた。
蒸し風呂で息を吹きかけ垢を取ることや、その者を「風呂吹き」と呼んでいた。
湯気の出る体に息を吹きかける様子と、この料理を食べる時に冷ます姿が似ていることから、「風呂吹き」と呼ぶようになった。
その他、大根は体にも良く、安くて経済的なため、「不老富貴(ふろうふき)」の意味からといった説。
ある僧から「大根の茹で汁を漆貯蔵室の風呂に吹き込むと、うるしの乾きが早くなる」と聞いた漆職人が、その通りにしてみたところ大変効果があったので、大根の茹で汁を大量に作ったが、茹でた大根が残るため近所の人に配ったことから、「風呂吹き大根」と呼ばれるようになったとする説がある。
しかし、元々この料理はカブで作られており、単に「風呂吹き」と呼ばれていた。
「風呂吹き」の材料をカブから大根に変えたものが「風呂吹き大根」であるから、不老富貴や漆職人の説は考えられない。
大根を使った風呂吹きが作られるようになったのは、江戸初期頃と考えられている。

【関連語】

垢(あか) 熱い・暑い(あつい) 息(いき)
磯部煮(いそべに) 従兄弟煮(いとこに) 旨煮・甘煮(うまに)
ウルシ・漆(うるし) おかず 小倉煮(おぐらに)
おでん オランダ煮(おらんだに) カブ・蕪(かぶ)
がめ煮(がめに) 甘露煮(かんろに) 儀助煮(ぎすけに)
金平(きんぴら) 釘煮(くぎに) 具足煮(ぐそくに)
桜煮(さくらに) 沢煮(さわに) 時雨煮(しぐれに)
治部煮(じぶに) 汁(しる) 鼈煮(すっぽんに)
駿河煮(するがに) 仙台煮(せんだいに) ダイコン・大根(だいこん)
筑前煮(ちくぜんに) 佃煮(つくだに) 定家煮(ていかに)
田楽(でんがく) 土佐煮(とさに) 難波煮(なんばに)
南蛮煮(なんばんに) 煮染め(にしめ) 煮る(にる)
饅(ぬた) 翡翠煮(ひすいに) 吹く(ふく)
風呂(ふろ) 鼈甲煮(べっこうに) 味噌(みそ)
蒸す(むす) 大和煮(やまとに) 茹でる(ゆでる)
吉野煮(よしのに) 利休煮(りきゅうに) 料理(りょうり)
レシピ 若竹煮(わかたけに)

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

オールガイド違いがわかる事典なぜなに大事典故事ことわざ辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス