不倫

【意味】 不倫とは、道徳に反すること。特に、男女関係で人の道に背くこと。

【不倫の語源・由来】

不倫の「倫」は、漢語では「仲間」「類い(たぐい)」という意味をもつ。
同列に並んだ仲間ということから、「倫」は人間同士のきちんと整理された関係を表し、「秩序」「道徳」という意味に派生した。
「倫(道徳)に反する」という意味の「不倫」は日本で作られた語で、明治時代から見られる。
戦前から、「道徳的に許されない恋愛」の意味でも使われ始めたが、その後は一時、死語となっていた。
再び、「不倫」の語が使われ始めるようになったのは、1983年頃。
TBSのテレビドラマ『金曜日の妻たちへ』や「愛人バンク」などの影響によるもので、それ以降は、男女関係に限定した使い方がされている。

【関連語】

愛(あい) 相合傘(あいあいがさ) 愛人(あいじん)
アバンチュール アベック 過ち(あやまち)
浮気(うわき) 岡惚れ(おかぼれ) 夫(おっと)
男(おとこ) 女(おんな) 駆け落ち(かけおち)
カップル 恋(こい) 三角関係(さんかくかんけい)
スキャンダル 側室(そくしつ) 背く・叛く(そむく)
類い・比い(たぐい) タブー 妻(つま)
デート 仲間(なかま) 二号(にごう)
不届き(ふとどき) 不埒(ふらち) プラトニック
妾(めかけ) モラル 焼け木杭に火が付く
蹌踉めく(よろめく) ラブ(恋・愛) 若いツバメ(わかいつばめ)

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス