ふんぞり返る

【意味】 ふんぞり返るとは、足を前に突き出し上体を後ろへ反らすこと。威張った態度をとること。踏ん反り返る。

【ふんぞり返るの語源・由来】

ふんぞり返るの「ふん」は、「ふみ(踏み)」が撥音便化した語で、踏ん張るという意味。
「ぞり」は「そる(反る)」が連濁したもので、上体を後ろの方へ曲げる意味。
「返る」は、踏ん張り反る動作の「ふんぞる(踏ん反る)」を強調したものである。
ふんぞり返るは、上体を後ろへ反らす態度をいった語だが、偉そうに見えることから、多くは、威張った態度についていう。

【関連語】

居丈高(いたけだか) 威張る(いばる) 自惚れ・己惚れ(うぬぼれ)
偉い(えらい) 横柄(おうへい) 驕る(おごる)
嵩にかかる(かさにかかる) 傲岸(ごうがん) 高慢(こうまん)
これ見よがし(これみよがし) したり顔(したりがお) 図に乗る(ずにのる)
座る・坐る(すわる) 反る(そる) 高飛車(たかびしゃ)
突っ慳貪(つっけんどん) 天狗(てんぐ) どや顔(どやがお)
虎の威を借る狐 生意気(なまいき) のさばる
跋扈(ばっこ) 鼻に掛ける(はなにかける) 憚る(はばかる)
踏む(ふむ) 踏ん張る(ふんばる) 夜郎自大(やろうじだい)

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

意味類語辞典違いがわかる事典なぜなに大事典故事ことわざ辞典日本語俗語辞書食品食材栄養事典from Food

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス