腑抜け

【意味】 腑抜けとは、意気地がないこと。腰抜け。まぬけ。たわけ。

【腑抜けの語源・由来】

腑抜けの「腑」は、「はらわた」「臓腑」を意味する語。
「肝」に「気力」や「度胸」の意味があるように、「腑(腹)」は底力を出す際に力を入れる場所と考えられている。
力を入れるべき場所が抜け落ちた状態から、腑抜けは「意気地がないこと」や「腰抜け」を表すようになった。
また、「腑」は「心」や「考え」も意味することから、「腑抜け」「腑が抜ける」は思慮分別が抜け落ちてなくなることも言うようになった。

【関連語】

あかんたれ 意気地(いくじ) 臆病(おくびょう)
及び腰(およびごし) 肝・胆(きも) 肝っ玉(きもったま)
心(こころ) 腰抜け(こしぬけ) しっかり
しょぼい・しょぼしょぼ ズベ公(ずべこう) だらしない
たわいない たわけ者(たわけもの) 力(ちから)
木偶の坊(でくのぼう) 度胸(どきょう) 情けない(なさけない)
抜く・貫く(ぬく) 腹(はら) 腸(はらわた)
卑怯(ひきょう) 腑甲斐無い・不甲斐無い 不束(ふつつか)
へっぴり腰(へっぴりごし) へっぽこ へぼ・へぼい
盆暗(ぼんくら) 間抜け(まぬけ) 女々しい(めめしい)
脆い(もろい) 弱い(よわい)

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス