踏ん切り

【意味】 踏ん切りとは、思い切って決心すること。

【踏ん切りの語源・由来】

踏ん切りの「踏ん」は、「踏む」の連用形「踏み」の撥音便化で、元は「踏み切り」。
「踏み」は足で踏む行為を表す語だが、荒々しく縛る意味の「ふん縛る」、捕まえるを強調して言う「ふん捕まえる」など、動詞の前に付くことで行為を強調する接頭語となる。
踏ん切りの「踏ん」は接頭語ではないが、思い切る意味を強調する役割をしている。

【関連語】

足・脚・肢(あし) 足を洗う(あしをあらう) 内股膏薬(うちまたこうやく)
落とし前(おとしまえ) 観念(かんねん) 決める(きめる)
切る・斬る・伐る(きる) けじめ けりをつける
金輪際(こんりんざい) 縛る(しばる) 佇む(たたずむ)
躊躇う(ためらう) 捕まえる・掴まえる(つかまえる) 手を染める(てをそめる)
二の足を踏む(にのあしをふむ) ビビる 踏む(ふむ)
踏ん張る(ふんばる) 臍をかむ(ほぞをかむ) 吝か(やぶさか)

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス