ふんどし

【意味】 ふんどしとは、男子の陰部を覆い隠す細長い布。下帯。まわし。犢鼻褌。女性の腹巻。

【ふんどしの語源・由来】

「踏通(ふみとおし)」が転じたとする説が有力とされるが、特に根拠はない。
その他、上代の言葉で馬の行動を拘束する縄を「ふもだし」と言ったことから、また、馬の脚を繋ぐ縄を「ほだし」と言ったことが転じて「ふんどし」になったとする説。
「糞通(ふんとおし)」の約など諸説あるが、決定的な説はない。

【関連語】

足・脚・肢(あし) ウマ・馬(うま) 越中褌(えっちゅうふんどし)
おしめ 男(おとこ) 帯(おび)
オムツ・御襁褓(おむつ) 女(おんな) 靴下(くつした)
尻・穴(けつ) 猿股(さるまた) 襦袢(じゅばん)
尻(しり) ステテコ 相撲(すもう)
足袋(たび) 犢鼻褌(たふさぎ) ナプキン
縄(なわ) 布(ぬの) 履く・穿く(はく)
パンツ ビキニ ファッション
糞(ふん) 股(また) 祭り(まつり)
畚褌(もっこふんどし) 股引(ももひき) もんぺ

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス