ふみ

【意味】 ふみとは、文字で書いたもの。文書。手紙。書状。書物。学問。特に漢学。

【ふみの語源・由来】

ふみの語源は、「文」の字音「フン」の転が定説。
いにしえを顧みる意味から、鳥の踏みつけた跡で字を作ったことから、新羅の文書の詞が無礼であったため足で踏んだことからなど、「踏」の意味とする説も多く見られる。
字音の転と考えるのが妥当であるが、歴史を刻むことを「踏み」とし、音転する過程で影響したとも考えられる。
漢字の「文」は、土器につけた縄文模様のひとこまを描いた象形文字。
「書」は、聿(ふで)と音符者からなる形声文字で、筆で字をかきつけ、紙や木簡に定着させることを表す。

【関連語】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス