覆水盆に返らず

【意味】 覆水盆に返らずとは、一度してしまったことは取り返しがつかないこと。一度別れた夫婦は、もとには戻らないということ。「覆水盆に帰らず」と書くのは間違い。

【覆水盆に返らずの語源・由来】

覆水盆に返らずの「覆水」とは、こぼれた水のことで、「盆」は水などを入れる平たい鉢のことである。
一度こぼれた水は二度と元の盆に戻らないことから、別れた夫婦は復縁しないことや、取り返しがつかないことの喩えとして使われるようになった。
英語にも「覆水盆に返らず」に似た、「It is no use crying over spilt milk.」という諺がある。
覆水盆に返らずの出典は、中国の『拾遺記』の以下のような故事による。
周の国に呂尚(りょしょう)と馬氏(ばし)という夫婦がいた。
呂尚は読書ばかりして働かなかったため、妻の馬氏は愛想をつかして実家に帰ってしまった。
やがて、呂尚は王に見出され、大出世して「太公望」と呼ばれるようになると、妻は復縁を求めてきた。
呂尚は盆の水をこぼし、「この水を元に戻せたならば、復縁に応じよう」と言った。
しかし、馬氏が手ですくえたのは泥ばかりで、水はすくえなかった。
そこで、呂尚は「お前は一度別れたのに復縁を求めてきたが、こぼした水は盆に戻せない」と言って断ったという話である。
「覆水盆に…」には『漢書(朱買臣伝)』にも同様の故事がある。
また、復縁しないことを喩えた言葉のせいか「覆水盆に帰らず」と表記されることも多いが、「帰らず」ではなく「返らず」が正しい。

【関連語】

あばよ 暇乞い(いとまごい) お愛想(おあいそ)
お盆(おぼん) 夫(おっと) 返る・反る(かえる)
帰る・還る(かえる) グッドバイ 御機嫌よう(ごきげんよう)
さようなら さらば 出世(しゅっせ)
糟糠の妻(そうこうのつま) 太公望(たいこうぼう) 妻(つま)
バイバイ 水(みず) 元の鞘に収まる
元の木阿弥(もとのもくあみ) 焼け木杭に火が付く 蘇る・甦る(よみがえる)

【オススメ情報】

【オールガイドリンク】

覆水盆に返らずの意味・用例・出典・類義・対義・英語表現 - 故事ことわざ辞典

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

オールガイド故事ことわざ辞典四字熟語辞典類語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス