腹心

【意味】 腹心とは、どんなことでも打ち明けて相談できること。深く信頼できること。また、そのような人。

【腹心の語源・由来】

本来は「腹」と「心(胸)」で「身体の中心」をいい、転じて「心の奥底」も意味した。
身体の中心となる「腹」と「心(胸)」は自身の頼みどころでもあり、心の奥底でもあることから、心から信頼できることや人「腹心」と喩えるようになった。
「信頼できる人」と喩えた例は古く、中国最古の詩篇『詩経』や779年の『続日本紀』の記事の中でも見られる。

【関連語】

家臣(かしん) 体(からだ) 肝胆相照らす
絆(きずな) くノ一(くのいち) 下僕(げぼく)
家来(けらい) 股肱(ここう) 心(こころ)
侍(さむらい) 親しい(したしい) 僕・下部(しもべ)
走狗(そうく) 頼もしい(たのもしい) 頼り・便り(たより)
知音(ちいん) 知己(ちき) つうと言えばかあ
手下(てした) 友・朋(とも) 腹(はら)
番頭(ばんとう) 秘書(ひしょ) 腹心の病(ふくしんのやまい)
腹心を布く(ふくしんをしく) 武士(ぶし) 味方(みかた)
胸(むね) 用心棒(ようじんぼう)

【オススメ情報】

【オールガイドリンク】

腹心(ふくしん)の類語・同義語 - 類語玉手箱

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

オールガイド故事ことわざ辞典四字熟語辞典類語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス