腹心

【意味】 腹心とは、どんなことでも打ち明けて相談できること。深く信頼できること。また、そのような人。

【腹心の語源・由来】

本来は「腹」と「心(胸)」で「身体の中心」をいい、転じて「心の奥底」も意味した。
身体の中心となる「腹」と「心(胸)」は自身の頼みどころでもあり、心の奥底でもあることから、心から信頼できることや人「腹心」と喩えるようになった。
「信頼できる人」と喩えた例は古く、中国最古の詩篇『詩経』や779年の『続日本紀』の記事の中でも見られる。

【関連語】

家臣(かしん) 体(からだ) 肝胆相照らす
絆(きずな) くノ一(くのいち) 下僕(げぼく)
家来(けらい) 股肱(ここう) 心(こころ)
侍(さむらい) 親しい(したしい) 僕・下部(しもべ)
走狗(そうく) 頼もしい(たのもしい) 頼り・便り(たより)
知音(ちいん) 知己(ちき) つうと言えばかあ
手下(てした) 友・朋(とも) 腹(はら)
番頭(ばんとう) 秘書(ひしょ) 腹心の病(ふくしんのやまい)
腹心を布く(ふくしんをしく) 武士(ぶし) 味方(みかた)
胸(むね) 用心棒(ようじんぼう)

【オススメ情報】

【オールガイドリンク】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

オールガイド故事ことわざ辞典類語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス