フクロウ

【意味】 フクロウとは、フクロウ目フクロウ科の鳥の総称。また、フクロウ科の鳥のうち、耳のような羽角をもつミミズクを除いたものの総称。ふくろ。

【フクロウの語源・由来】

フクロウの名は、奈良時代の『常陸国風土記』から見られる。
フクロウは陰気な鳴き声が印象的な鳥で、フクロウをいう方言には、鳴き声に由来すると思われる「ゴロチョ」「フルツク」「ホーホードリ」「ホロスケ」などがあることから、その鳴き声が語源と考えられる。
フクロウ科の鳥のうち、耳のような羽角を持つミミズクを除いて「フクロウ」と呼ぶことも多いが、分類学上の区別はなく、シマフクロウには羽角がある。
漢字の「梟」が「木」の上に「鳥」の略体なのは、昔、ふくろうの死骸を木の上にさらして、小鳥を脅したことに由来する。

【関連語】

アオバズク・青葉木菟 イイトヨ・イイドヨ オオコノハズク・大木葉木菟
脅す・嚇す・威す(おどす) オナガフクロウ・尾長梟 オニミミズク・鬼木菟
木・樹(き) 梟首(きょうしゅ) キンメフクロウ・金目梟
声(こえ) コノハズク・木の葉木菟 コミミズク・小木菟(こみみずく)
ゴロスケ・五郎助(ごろすけ) シキョウ・鴟梟(しきょう) シマフクロウ・島梟
シロフクロウ・白梟 スズメフクロウ・雀梟 角(つの)
トラフズク・虎斑木菟 トリ・鳥(とり) 泣く・鳴く・啼く(なく)
羽・羽根・翅(はね) 耳(みみ) ミミズク・木菟・角鴟(みみずく)
メガネフクロウ・眼鏡梟 メンフクロウ・仮面梟 モリフクロウ・森梟
ワシミミズク・鷲木菟 ワライフクロウ・笑梟

【オススメ情報】

【オールガイドリンク】

「フクロウ」と「ミミズク」の違い・見分け方 - 違いがわかる事典
フクロウの類語・同義語 - 類語同義語辞典

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

類語辞典違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス