福神漬け

【意味】 福神漬けとは、大根・茄子・鉈豆・蓮根・生姜・紫蘇の実・筍などの野菜を細かく刻み、味醂醤油に漬け込んだ漬物。福神漬。ふくしんづけ。

【福神漬けの語源・由来】

福神漬けは、酒悦の主人 野田清右衛門が江戸末期から明治の始めにかけて考案したもので、元は商品名である。
「福神漬け」となった由来は、明治18年(1885年)、酒悦の店が上野にあったことから不忍池の弁財天にちなみ、種々の野菜を七福神に見立てて、戯作者 梅亭金鵞が命名したとされる。
カレーライスに添えられる漬物として広く普及したころから、商品名であった「福神漬け」は一般名詞となった。

【関連語】

アチャール アチャラ漬け(あちゃらづけ) いぶりがっこ
御香香(おこうこう) お新香(おしんこ) 神(かみ)
カレー キビヤック キムチ
金平(きんぴら) 香の物(こうのもの) ザーサイ
ザワークラウト シソ・紫蘇(しそ) シナチク・支那竹(しなちく)
柴漬け(しばづけ) ショウガ・生姜(しょうが) 醤油(しょうゆ)
千枚漬け(せんまいづけ) ダイコン・大根(だいこん) 沢庵(たくあん)
タケノコ・筍・竹の子(たけのこ) チャツネ どぶ漬け(どぶづけ)
ナス・茄子(なす) ナタマメ・鉈豆・刀豆 奈良漬け(ならづけ)
ピクルス ブランド べったら漬け(べったらづけ)
松前漬け(まつまえづけ) 実(み) 味醂(みりん)
メンマ 辣韮・辣韭・薤(らっきょう) レンコン・蓮根(れんこん)

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス