ふき

【意味】 ふきとは、キク科の多年草。山野に自生。また、栽培もする。早春、葉より先に「蕗の薹(ふきのとう)」と呼ばれる花茎を出す。葉柄やふきのとうは食用とする。

【ふきの語源・由来】

ふきの語源は、以下のとおり諸説ある。
1.冬に黄色い花が咲くことから、「フユキ(冬黄)」の中略で「フキ」になったとする説。
2.用便の後、お尻を拭く紙の代わりにふきの葉を使用したことから、「拭き」を語源とする説。
3.ふきは葉が大きく、傘などに用いたことから、「葺く」の変化とする説。
4.「ハヒログキ(葉広茎)」や「ヒロハグキ(広葉茎)」、「ハオホキ(葉大草)」の意味とする説。
5.ふきの葉は大きく、少しの風でも揺れることから、「ハフキ(葉吹き)」「フフキ(風吹き)」の意味とする説。
ふきの語源は未詳であるが、ふきの古名は「フフキ」で、「フフキ」転じて「フキ」になったことは間違いなため、「4」か「5」の説が妥当であろう。

【関連語】

アーティチョーク アキザクラ・秋桜(あきざくら) アゲラタム
アサギリソウ・朝霧草 アザミ・薊(あざみ) アルニカ
ウサギギク・兎菊 ウスユキソウ・薄雪草 うんこ
エーデルワイス エストラゴン エゾギク・蝦夷菊(えぞぎく)
エンダイブ 大きい(おおきい) オオハルシャギク・大春車菊
オグルマ・小車(おぐるま) オケラ・朮(おけら) ガーベラ
傘・笠(かさ) ガザニア カシワバハグマ・柏葉羽熊
風・風邪(かぜ) カセンソウ・歌仙草 カニコウモリ・蟹蝙蝠
紙(かみ) カミツレ カモミール
カレンジュラ ガンクビソウ・雁首草 黄色(きいろ)
キオン・黄苑(きおん) キク・菊(きく) キクイモ・菊芋(きくいも)
キツネアザミ・狐薊 伽羅蕗(きゃらぶき) キンケイギク・錦鶏菊
キンセンカ・金盞花 茎(くき) 草(くさ)
クマノギク・熊野菊 クリサンセマム コウゾリナ・髪剃菜
コウヤボウキ・高野箒 ゴギョウ・御形・五形 コスモス
ゴボウ・牛蒡(ごぼう) サラダ菜(さらだな) シオギク・塩菊(しおぎく)
シオン・紫苑(しおん) シソウ・刺草(しそう) シネラリア
シャスタデージー シュウブンソウ・秋分草 シュンギク・春菊
ジョチュウギク・除虫菊 尻(しり) スイゼンジナ・水前寺菜
スイラン・水蘭(すいらん) ステビア ストケシア
セネシオ セントウレア タビラコ・田平子(たびらこ)
タラゴン ダリア タンポポ・蒲公英(たんぽぽ)
チコリー チシャ・萵苣(ちしゃ) チチコグサ・父子草
ツワブキ・石蕗(つわぶき) ディモルフォセカ デージー
テンニンギク・天人菊 トウヒレン・唐飛廉 トキンソウ・吐金草
トレビス ニガナ・苦菜(にがな) 野(の)
葉(は) 花・華(はな) ハハコグサ・母子草
春(はる) ハルシャギク・波斯菊・春車菊 ハルジョオン・春女苑
ヒナギク・雛菊(ひなぎく) ヒマワリ・向日葵(ひまわり) ヒメジョオン・姫女苑
ヒャクニチソウ・百日草 蕗の祖父(ふきのじい) 蕗の姑(ふきのしゅうとめ)
蕗の薹(ふきのとう) 吹く(ふく) 拭く(ふく)
葺く(ふく) フジバカマ・藤袴(ふじばかま) ブタクサ・豚草(ぶたくさ)
冬(ふゆ) ベニジウム ベニバナ・紅花(べにばな)
ヘリクリサム 便所(べんじょ) ホトケノザ・仏の座(キク科)
マーガレット マリーゴールド モチグサ・餅草(もちぐさ)
ヤーコン ヤグルマギク・矢車菊 山(やま)
ヨメナ・嫁菜(よめな) ヨモギ・蓬・艾(よもぎ) ルドベキア
レタス

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス