夫人

【意味】 夫人とは、他人の妻を敬っていう語。奥様。

【夫人の語源・由来】

夫人の「夫」は、元々は「扶」であったと考えられている。
「扶」は「手」と「音符夫」からなる字で、手の指を脇の下にぴったりと当てて支えることを表す。
「扶」の「夫」は発音を示すのみで意味はないが、夫を助ける意味を含んで「扶人」を用い、「夫人」に変化したと思われる。
古く、中国では天子の妃や諸侯の妻をいい、日本では皇后や妃の次に位する後宮の女性をいった。
のちに、貴人の妻をいう語として用いられるようになり、現在では、他人の妻を敬っていう語として使われるようになった。

【関連語】

許婚・許嫁(いいなずけ) 敬う(うやまう) 御方様(おかたさま)
おかみさん 奥方(おくがた) 奥様(おくさま)
夫(おっと) 女(おんな) 家内(かない)
寡婦・寡夫(かふ) 后・妃(きさき) 後家(ごけ)
腰元(こしもと) 細君(さいくん) 支える(ささえる)
主婦(しゅふ) 糟糠の妻(そうこうのつま) 側室(そくしつ)
助ける・援ける(たすける) 旦那(だんな) 妻(つま)
手(て) 亭主(ていしゅ) 二号(にごう)
女房(にょうぼう) 人(ひと) 婦人(ふじん)
マダム ミス(未婚女性) ミセス
未亡人(みぼうじん) 婿(むこ) 妾(めかけ)
山の神(やまのかみ) 寡・寡婦・鰥夫(やもめ) 指(ゆび)
嫁(よめ) ワイフ 脇・腋(わき)

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス