ふぐり

【意味】 ふぐりとは、睾丸。きんたま。いんのう。

【ふぐりの語源・由来】

ふぐりの漢字「陰嚢」は当て字で、本来の読み「いんのう」である。
ふぐりの語源には、「フクラグ(脹)」の意味、「フクレククリ(脹括)」の意味などあるが、「フクロ(袋・嚢)」の意味であろう。
「ふぐり」は形や色が「クリ(栗)」に似ていることから、「フクログリ(袋栗・嚢栗)」とする説も良い。

【関連語】

イヌノフグリ・犬の陰嚢 色(いろ) 御居処(おいど)
オオジガフグリ 形(かたち) 括る(くくる)
クリ・栗(くり) 尻・穴(けつ) 尻(しり)
ヒップ 膨れる・脹れる(ふくれる) 袋・嚢(ふくろ)
股(また) 羊水(ようすい)

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス