【意味】 笛とは、管楽器の総称。特に、木管楽器の一般的呼称。

【笛の語源・由来】

語源には、「ふきえ(吹柄)」や「ふきえ(吹枝)」の意味、吹くと良い音が出ることから「ふえ(吹吉)」や、音色からなど諸説ある。
弦楽器の総称「琴」を「弾き物」、管楽器の総称「笛」を「吹き物」と対比して呼ぶように、吹いて鳴らすものなので、ふえの「ふ」は「吹」の意味で良いであろう。
ふえの「え」は「枝」か「柄」のいずれかと思われるが、「枝」と「柄」は同源と考えられているため特定は難しい。
日本最古のものは縄文時代の「岩笛(石笛)」なので、「枝」や「柄」が語源でないようにも思えるが、「笛」の呼称が初めて見られるのは『日本書紀』であるから、呼ばれ始めた時代には細長いものであったとも考えられる。
漢字「笛」の「由」の部分は「抽」のことで、細い穴から抜き出す様子を表しており、「笛」には竹の管から息を抜き出して鳴らすものという意味がある。

【関連語】

穴・孔(あな) 息(いき) 石(いし)
岩(いわ) 柄(え) 枝(えだ)
オーボエ オカリナ 音(おと)
音楽(おんがく) 木・樹(き) クラリネット
琴(こと) コルネット コントラファゴット
サイレン サクスホルン サックス
尺八(しゃくはち) 笙(しょう) 簫(しょう)
スーザフォン タケ・竹(たけ) チャルメラ
チューバ トランペット トロンボーン
長い・永い(ながい) ハーモニカ バスーン
ピッコロ ファゴット フエダイ・笛鯛(ふえだい)
フエフキダイ・笛吹鯛 笛吹けども踊らず 吹く(ふく)
フルート ブロックフレーテ ホイッスル
細い(ほそい) ホルン ラッパ・喇叭(らっぱ)
リコーダー

【オススメ情報】

【オールガイドリンク】

笛(ふえ)の類語・同義語 - 類語同義語辞典
笛のことわざ・慣用句・故事成語・四字熟語 - 故事ことわざ辞典

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

類語辞典違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス