【意味】 筆とは、竹軸などの柄の先に動物の毛を束ね、墨や絵の具を含ませて文字や絵を書くのに用いる筆記具。

【筆の語源・由来】

筆は奈良時代以前から使われる筆記具で、古くは「文手(ふみて・ふみで)」と言った。
「文手」の「文」は手紙などを意味し、「手」は書くことを意味する。
「ふみで」「ふみて」が、「ふむで」となり、「ふで」となった。
平安中期の辞書「倭名類聚鈔(わみようるいじゆしよう)」には「布美天」とあり、平安末期の辞書「類聚名義抄(るいじゅみょうぎしょう)」には「フテ」「フムデ」「フミデ」とある。

【関連語】

【オススメ情報】

【オールガイドリンク】

筆(ふで)の類語・同義語 - 類語同義語辞典
筆のことわざ・慣用句・故事成語・四字熟語 - 故事ことわざ辞典

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

類語辞典違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス