札付き

【意味】 札付きとは、悪い評判が世に知れ渡っていること。また、その人。「札つきのワル」などと使う。

【札付きの語源・由来】

江戸時代、罪を犯した本人だけでなく、家族や隣近所(五人組)などに刑罰が及ぶ「連座」という制度があった。
家族や近所の中に素行が悪い者がいると、罪を着せられる可能性があるため、「人別帳」と呼ばれる戸籍謄本のようなものに、あらかじめ札を付け、要注意人物としていたことから、定評の悪い者を「札付き」というようになったといわれる。

【関連語】

【オススメ情報】

【オールガイドリンク】

札付き(ふだつき)の類語・同義語 - 類語同義語辞典

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

類語辞典違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス