フリーマーケット

【意味】 フリーマーケットとは、参加者が自分の使っていた古物などを持ち寄って開催される市場。ガラクタ市。ボロ市。フリマ。

【フリーマーケットの語源・由来】

「フリー」は虫の「ノミ(蚤)」のことで、「free」ではなく「flea」である。
フリーマーケットは、「蚤の市」を意味する英語「a flea market」からの外来語で、「a flea market」はフランスパリ郊外のラ・ポルト・ド-サン・クリニャンクールで開かれる中古品の露店市の蚤の市「marche aux puces」の訳である。
英語の「flea」は、他の語に付いて「みすぼらしい」「汚れた」の意味になる語で、古物を持ち寄ることに由来する。
日本では「フリー」を「自由」と捉え「free market」と書かれることも多いが、意図的に「自由に参加できる市場」といった意味を持たせ、和製英語として「free market」と表記している場合もある。
ただし、経済用語で「free market」は「自由市場(じゆうしじょう)」という別の意味で用いられているため、混乱を避けるためにも「flea market」と表記する方が好ましい。
フリーマーケットのルーツとなるパリの蚤の市はいわゆる露店市であるが、個人が販売するフリーマーケットの形は、自宅の車庫で中古品を売る「ガレージセール」を発展させたもので、1970年代からアメリカ西海岸を中心に広まった。
日本初のフリーマーケットは、1979年10月に『日本フリーマーケット協会』が大阪で開催したものといわれる。

【関連語】

アウトレット 商い(あきない) 商人(あきんど)
アンティーク 市(いち) 売る(うる)
オークション 買う(かう) ガラクタ
ガレージ クリアランスセール 経済(けいざい)
コンビニ 品物(しなもの) 商人(しょうにん)
ショップ スーパーマーケット ストア
セール ダフ屋(だふや) ディスカウント
テキ屋・的屋(てきや) デパート 問屋(とんや)
ノミ・蚤(のみ) バーゲン バザー
バザール ブティック プラザ
ブローカー 襤褸(ぼろ) ポンコツ
マーケット マート みすぼらしい
店(みせ) 虫(むし) モール
勿体無い(もったいない) 八百屋(やおや) 香具師(やし)
屋台(やたい) やっちゃ場(やっちゃば) 汚れる(よごれる)
リサイクル リテール

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

オールガイド違いがわかる事典なぜなに大事典故事ことわざ辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス