フェンネル

【意味】 フェンネルとは、香辛料の一。ウイキョウ。また、ウイキョウの種子(フェンネルシード)を乾燥させたもの。ほろ苦さと樟脳に似た香りを持つ。魚料理やピクルス、カレーなどに用いる。

【フェンネルの語源・由来】

フェンネルは、英語「fennel」からの外来語。
「干し草」や「牧場」を意味するラテン語「foenum」に小さいことを表す語尾が付き、「小さな干し草」を意味する「foeniculum」となり、変化して「fennel(フェンネル)」となった。
フェンネルは、フランス語で「fenouil」、ドイツ語では「Fenchel」といい、「fennel(フェンネル)」と同源である。
古代ギリシャでは、フェンネルは「marathon(マラトン)」と呼ばれていたが、マラソンの発祥の地に群生していたためとする説と、「細くなる」を意味する「maraino」に由来し、マラソンの戦いにちなんで「marathon」になったとする説がある。

【関連語】

アギ・阿魏(あぎ) アシタバ・明日葉(あしたば) アニス
アマニュウ・甘にゅう アメリカボウフウ・アメリカ防風 アロマテラピー
アンジェリカ イノンド イブキボウフウ・伊吹防風
ウイキョウ・茴香(ういきょう) ウマノミツバ・馬の三つ葉 香り・薫り・馨り(かおり)
カレー キャラウェイ キャロット(植物)
草(くさ) クミン コエンドロ
コニウム コニシ・古仁之(こにし) 細かい(こまかい)
コリアンダー 魚(さかな) シシウド・猪独活(ししうど)
スパイス セリ・芹(せり) セルフィーユ
セロリ セロリアーク センキュウ・川きゅう
セントウソウ・仙洞草 種(たね) 小さい(ちいさい)
チドメグサ・血止め草 ツボクサ・壺草(つぼくさ) ディル
トウキ・当帰(とうき) ドクゼリ・毒芹(どくぜり) ニンジン・人参(にんじん)
ノダケ・野竹・土当帰(のだけ) ノチドメ・野血止(のちどめ) パースニップ
ハーブ パクチー パセリ
ハチジョウソウ・八丈草 ハナウド・花独活(はなうど) ハマゼリ・浜芹(はまぜり)
ハマボウフウ・浜防風 ピクルス ボウフウ・防風(ぼうふう)
干す(ほす) ホタルサイコ・蛍柴胡 ボタンボウフウ・牡丹防風
マラソン ミシマサイコ・三島柴胡 ミツバ・三つ葉(みつば)
ヤブジラミ・藪虱(やぶじらみ) ヤブニンジン・藪人参 ヤマゼリ・山芹(やまぜり)
ヨロイグサ・鎧草(よろいぐさ) 料理(りょうり)

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

類語辞典違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス