フェルトペン

【意味】 フェルトペンとは、インクの入った容器にフェルトを芯軸として挿入したペン。フエルトペン。

【フェルトペンの語源・由来】

芯軸にフェルトを使っていることからの名であるが、現在ではフェルト以外に合成繊維が使用されることもある。
英語では「felt tip pen」や「felt tipped pen」と言う。
1791年、イギリスの貴族が、部屋の装飾に使われていたフェルトを切り取って先の細い金属に取り付け、インクを染み込ませたものがフェルトペンのはじまりといわれる。
「マジックペン」や「サインペン」とも呼ばれるが、これらは商品名である。

【関連語】

アート イラスト 色(いろ)
インキ・インク 絵・画(え) 鉛筆(えんぴつ)
書く・描く・画く(かく) カラー カラス口・烏口(からすぐち)
キャンバス グラフィック クレパス
クレヨン クロッキー コンテ
サイン 軸(じく) シャープペンシル
芯(しん) スケッチ 硯(すずり)
炭・墨(すみ) 算盤(そろばん) チョーク
デザイン デッサン テンペラ
糊(のり) ハサミ・鋏(はさみ) パステル
フェルト 筆(ふで) 文・書(ふみ)
ペイント 部屋(へや) ペンキ
ペンシル ボールペン ホッチキス
マジックインキ 万年筆(まんねんひつ) 文字(もじ)
矢立て(やたて) 落書き(らくがき) ワープロ

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

類語辞典違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス