物色

【意味】 物色とは、多くの中から適当な人や物を探し出すこと。

【物色の語源・由来】

物の色、動物の毛色、自然の景色などの意味から、姿や形も「物色」というようになり、物の色や姿形を見極める行為の意味で用いられ、容姿によって人を捜したり、手頃な物を探すことを表すようになった。
中国の儒教経典『礼記』に、「生け贄にする動物は毛色の良いものを選ぶこと」として「物色」が使われていることから、生け贄を選ぶ意味が転じたとする説もある。
しかし、ここでの物色は本来の「動物の毛色」という意味しかなく、「生け贄を選ぶ」から「探し出す」といった意味になったとすれば、日本で「物の色」や「動物の毛色」の意味は持たなかったはずである。

【関連語】

青田買い(あおたがい) 青田刈り(あおたがり) 漁る(あさる)
改める(あらためる) 粗を探す(あらをさがす) アンケート
暗中模索(あんちゅうもさく) 生け贄・生贄(いけにえ) 色(いろ)
鵜の目鷹の目(うのめたかのめ) 選ぶ・択ぶ・撰ぶ(えらぶ) くノ一(くのいち)
毛(け) 探す・捜す・涼す(さがす) 探る(さぐる)
試金石(しきんせき) 品物(しなもの) 白羽の矢が立つ
調べる(しらべる) スパイ 棚卸し・店卸し(たなおろし)
矯めつ眇めつ(ためつすがめつ) チェック 万引き(まんびき)
見る(みる) リサーチ

【オススメ情報】

【オールガイドリンク】

物色(ぶっしょく)の類語・同義語 - 類語同義語辞典

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

類語辞典違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス