武士

【意味】 武士とは、昔、武芸を身に付け、軍事に携わった身分の者。さむらい。もののふ。

【武士の語源・由来】

武士の語源は、「やまぶし(山伏)」や「のぶし(野伏)」の上略で、漢字の「武士」は当て字であろう。
奈良時代に武士は「もののふ」と呼ばれ、朝廷に仕える「文武百官」のことであった。
平安時中期以降、武士は「勇敢な人」「つわもの」といった意味で用いられ、高い身分として扱われるようになり、江戸時代には四民の最上の階級とされた。

【関連語】

戦・軍(いくさ) 家臣(かしん) 刀(かたな)
曲者(くせもの) くノ一(くのいち) 位(くらい)
下僕(げぼく) 家来(けらい) 股肱(ここう)
侍(さむらい) 三一(さんぴん) 僕・下部(しもべ)
城(しろ) 走狗(そうく) 殺陣(たて)
丁髷(ちょんまげ) 兵(つわもの) デカ・刑事(でか)
手下(てした) 秘書(ひしょ) 腹心(ふくしん)
用心棒(ようじんぼう) 浪人(ろうにん)

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス