ブリ

【意味】 ブリとは、スズキ目アジ科の海水魚。体は紡錘形でやや側扁。背は暗青色、腹は銀白色。体側中央に黄色の縦帯がある。成長に合わせて呼び名が変わる代表的な出世魚で、関東ではワカシ・イナダ・ワラサ・ブリ、関西ではツバス・ハマチ・メジロ・ブリの順に呼ばれる。

【ブリの語源・由来】

ブリは、年を経た魚の意味で「フリウヲ(経魚)」と呼ばれ、「フリ」が濁音化され「ブリ」になったと考えられている。
中国でブリは「老魚」と言われていたため、日本でそれを言い表したのが「経魚」で、代表的な出世魚であることから有力な説である。
漢字の「鰤」が「魚」に「師」であることも、「老魚」や「経魚」の意味に通じる。
ただし、中国にブリが入る時には、非常に大きく毒を持つとも言われているため、解釈は日本のものと異なる。
また、「経魚」の「フリ(経)」は、「お久しぶり」や「何年ぶり」などの「ぶり(振り)」と同じ意味になるため、この説が正しければ、近年冗談で使われるようになった「お久し鰤」という当て字は、大した冗談ではないことになる。
上記の説以外にもブリの語源は多くあり、脂が多い魚であるため「アブラ(脂)」の上略の転とする説。
炙って食べることから「アブリ(炙り)」の上略で、「ブリ」になったとする説。
体が大きいことから、「ミフトリ(身肥太)」や「フクレリ」の転といった説がある。

【関連語】

アジ・鯵(あじ) 油・脂・膏(あぶら) 炙る・焙る(あぶる)
イナダ 海(うみ) おせち料理(おせちりょうり)
懸けの魚(かけのうお) カンパチ・間八(かんぱち) 魚(さかな)
シマアジ・縞鯵(しまあじ) 出世魚(しゅっせうお) 正月(しょうがつ)
スズキ・鱸(すずき) 大根(だいこん) ツバス
年・歳(とし) ハマチ 久しぶり(ひさしぶり)
ヒラマサ・平政(ひらまさ) 太い(ふとい) ムロアジ・室鯵(むろあじ)
メジロ ワカシ ワラサ・稚鰤(わらさ)

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典なぜなに大事典故事ことわざ辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス