ブッポウソウ

【意味】 ブッポウソウとは、ブッポウソウ目ブッポウソウ科の鳥。全長約30センチ。体は青緑色で頭が黒く、くちばしと脚が赤い。日本には夏鳥として渡来し、冬に南方へ渡る。

【ブッポウソウの語源・由来】

この鳥の鳴き声が、「ブッポウソウ(仏法僧)」と聞こえるところから名付けられた。
仏法僧とは、仏教の三宝のことで、仏と、仏の説いた法、その教えを奉じ広める僧をいい、ブッポウソウはありがたい鳴き声の鳥ということで、古くから霊鳥として扱われてきた。
しかし、実際には「ゲッゲッゲッ」としか鳴かなず、昭和10年(1935年)に「ブッポウソウ」と鳴いているのがフクロウの一種である「コノハズク」とわかった。
以降、学名上は「ブッポウソウ」のままであるが、俗に、この鳥を「姿のブッポウソウ」、コノハズクを「声のブッポウソウ」と呼んで区別されるようになった。

【関連語】

アカショウビン・赤翡翠 カワセミ・川蝉・翡翠(かわせみ) 声(こえ)
コノハズク・木の葉木菟 コビトドリ・小人鳥(こびとどり) サイチョウ・犀鳥(さいちょう)
ショウビン・翡翠(しょうびん) 姿(すがた) トリ・鳥(とり)
泣く・鳴く・啼く(なく) ハチクイ・蜂喰(はちくい) ハチクイモドキ・蜂喰擬
フクロウ・梟(ふくろう) 仏(ほとけ) ヤツガシラ・戴勝(やつがしら)
ヤマセミ・山翡翠・山魚狗 ワライカワセミ・笑翡翠

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス