ブナ

【意味】 ブナとは、ブナ科の落葉高木。温帯の山地に分布。実はどんぐりと呼ばれる。材は建築・家具・パルプなどにする。ブナノキ。シロブナ。ソバノキ。ソバグリ。

【ブナの語源・由来】

語源は諸説あるが、用途は広いが腐りやすく歩合がよくないことから「分の無い木」の意味、風が吹くと葉が「ブーン」と音をたてることから「ブン鳴りの木」の意味などが代表的である。
このうち葉音の説は、「ブーン」と聞こえることがないため考えがたく、「分の無い木」の説は意味も通じるため有力と考えられるが特定は難しい。
漢字の「山毛欅」は、中国ブナの一種を指すもので、本来はこの種の事ではない。
その他、木偏に無(木無)と書いて「ブナ」と読ませている漢字は、語源の「分の無い木」と同様の意味から日本で作られたものである。

【関連語】

アカガシ・赤樫(あかがし) アベマキ・阿部槙(あべまき) アラカシ・粗樫(あらかし)
イチイガシ・一位樫 イヌブナ・犬仙毛欅(いぬぶな) ウバメガシ・姥芽樫・姥目樫
ウラジロガシ・裏白樫 オーク 音(おと)
カシ・樫・橿(かし) カシワ・柏・槲(かしわ) 木・樹(き)
腐る(くさる) クヌギ・櫟・椚・橡・櫪(くぬぎ) クリ・栗(くり)
コナラ・小楢・小枹(こなら) コルクガシ・コルク樫(がし) シイ・椎(しい)
シラカシ・白樫・白橿(しらかし) シリブカガシ・尻深樫 スダジイ・すだ椎(じい)
ソバグリ・稜栗(そばぐり) ソバノキ・蕎麦の木・稜の木 ツクバネガシ・衝羽根樫
ツブラジイ・円椎(つぶらじい) ドングリ・団栗(どんぐり) ナラ・楢・柞・枹(なら)
ナラカシワ・楢槲・楢柏 葉(は) 花・華(はな)
ハハソ・柞(ははそ) パルプ ブナシメジ・山毛欅占地
マテバシイ・まてば椎(しい) マロン 実(み)
ミズナラ・水楢(みずなら) 山(やま)

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス