ポタージュ

【意味】 ポタージュとは、スープ。特に、とろみのある濃いスープ。

【ポタージュの語源・由来】

ポタージュは、フランス語「Potage」からの外来語。
ポタージュの「ポ(po)」は、古い印欧祖語で「飲むこと」を意味する。
そこから、ラテン語で「飲む」を意味する「poto」、「飲み物」や「飲み物の容器」を意味する「potus」が生まれ、口語ラテン語「pottus」がフランス語に入って、「壺」や「深鍋」を意味する「pot」となった。
13~14世紀頃、「pot」に「集まったもの」「中身」など集合物を表す「-age」が付き、「potage(ポタージュ」の語が生まれた。
つまり、ポタージュは「深鍋の中身」が語源である。
元々、ポタージュは深鍋に肉や野菜を入れて煮込んだスープ全般を指したが、濃いスープを指すようになり、薄いスープの「コンソメ」と区別して用いられるようになった。
フランスではとろみのある濃いスープを「ポタージュ・リエ(potage lies)」、澄んだ薄いスープを「ポタージュ・クレール(potage clairs)」と呼ぶため、日本の区別の仕方は間違いとも言われるが厳密に言えばの話であり、同様の区別をしていない訳ではない。

【関連語】

赤出し(あかだし) 集め汁(あつめじる) 羹(あつもの)
いちご煮(いちごに) 薄い(うすい) お汁粉(おしるこ)
御御御付け(おみおつけ) ガスパッチョ がん汁(がんじる)
巾着汁(きんちゃくじる) クッパ クラムチャウダー
けんちん汁(けんちんじる) コーン 濃い(こい)
鯉濃(こいこく) 呉汁(ごじる) コンソメ
サムゲタン 三平汁(さんぺいじる) シチュー
じゃっぱ汁(じゃっぱじる) 汁(しる) 水団(すいとん)
スープ 澄まし汁(すましじる) 善哉(ぜんざい)
船場汁(せんばじる) せんべい汁(せんべいじる) 雑煮(ぞうに)
出汁(だし) チーズフォンデュ 茶節(ちゃぶし)
壷・壺(つぼ) トムヤムクン どんがら汁(どんがらじる)
鍋(なべ) 肉(にく) 根深汁(ねぶかじる)
能平汁・濃餅汁(のっぺいじる) 飲む・呑む(のむ) ヴィシソワーズ
ビーフストロガノフ ビスク 引っ摘み汁(ひっつみじる)
ブイヤベース ブイヨン ベジタブル
ポット ポトフ ボルシチ
ミネストローネ

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

類語辞典違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス