ポンカン

【意味】 ポンカンとは、ミカン科の柑橘類の一種。果実はやや大きく、多汁で香り・甘味が強い。インド原産。日本では主に九州南部で作られる。「凸柑」とも書く。

【ポンカンの語源・由来】

ポンカンの「ポン」は、原産国インドの西部にある地名「Poona(プーナ)」に由来する。
「Poona」を音写したものが「椪柑」の「椪」で、中国音で「ピエン」のように発音される。
これを日本で「ポン」と発音し、「ポンカン」となった。
ポンカンの「カン」は、オレンジなどの柑橘類をさす「柑」である。

【関連語】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス