ポロシャツ

【意味】 ポロシャツとは、襟つき・半袖の頭から被って着るスポーツシャツ。

【ポロシャツの語源・由来】

ポロ競技(馬に乗りT字形のスティックで木製のボールを相手ゴールに入れる競技)で着られたことに由来する。
1920~30年頃、テニスプレイヤーが着ていたポロシャツが一般にも広まっていった。
ただし、このシャツは元々フランスでテニス用シャツとして考案されたもので、海外では「テニスシャツ」とも呼ばれる。
このシャツをイギリスのポロ競技者が早くに取り入れたことから、この名で広まったのであり、ポロ競技で着用していたシャツをテニスプレイヤーが真似たわけではない。
一般にポロシャツが普及するきっかけとなったのは、当時花形テニスプレイヤーだった「ルネ・ラコステ」が着ていたためとも、引退後にラコステがデザインを手がけたためとも言われる。
普及したと言われる時期は、ラコステが現役の頃から引退後の創業期に当たるため正確なことは解らないが、影響を与えたことは確かであり、現在のデザインの原型を作ったのも、ラコステと言って間違いないであろう。

【関連語】

アロハシャツ 襟(えり) カーディガン
カジュアル カッターシャツ カットソー
クールビズ ジャージ シャツ
スポーツ セーター タンクトップ
Tシャツ テニス ニット
ファッション ブラウス ブレザー
ボタン ポロ ワイシャツ

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典なぜなに大事典故事ことわざ辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス