ホヤ

【意味】 ホヤとは、ホヤ目に属する原索動物の総称。単体または群体をなす。単体のものは球形または卵形で、硬い被嚢(ひのう)で覆われる。岩や海草に付着し、植物のようにも見える。その形状から「海のパイナップル」とも呼ばれる。幼生はオタマジャクシに似て水中を浮游する。「ホヤ貝」と呼ばれることもあるが、貝の仲間ではない。

【ホヤの語源・由来】

ヤドリギの古名「ほや(寄生)」に由来する。
岩に付着し動かないため、その姿がヤドリギの根を張る姿に似ていることから、「ほや(寄生)」を流用したものである。
ランプシェード(ランプのかさ)に当たる「ほや(火屋)」に似ることからとする説もあるが、ランプは開国後に渡来したものであるのに対し、ホヤは平安時代には既に食用とされ、開国以前から「ホヤ」と呼ばれていている。
「ほや(火屋)」が香炉の蓋のことであったとすると、形状は似なくなるため考え難い。
ホヤを食べると強壮効果があり、「夜に保つ」ことから漢字で「保夜」と書き、「ホヤ」と呼ばれるようになったとする説もあるが、「保夜」は「ホヤ」の呼称が成立して以降の当て字なので間違いである。
その他の説では、炎のように赤いことから「ほや(火焼)」、被嚢が張っていることから「ふくは(脹和)」の意味とする説もあるが、いずれも考え難い。
漢字では「海鞘」のほか、ナマコにも似ていることから「老海鼠」の字が当てられる。

【関連語】

赤(あか) イカ・烏賊(いか) イソギンチャク・磯巾着
海参・煎海鼠(いりこ) 岩(いわ) ウニ・海胆・海栗・雲丹(うに)
海(うみ) ウミシダ・海羊歯(うみしだ) ウミユリ・海百合(うみゆり)
おたまじゃくし 貝(かい) 堅い・固い・硬い(かたい)
金海鼠(きんこ) 串海鼠(くしこ) 口海鼠・口子(くちこ)
クラゲ・水母・海月(くらげ) ゴカイ・沙蚕(ごかい) 海鼠子(このこ)
海鼠腸(このわた) 鞘(さや) サンゴ・珊瑚(さんご)
絶倫(ぜつりん) タコ・蛸(たこ) タツノオトシゴ
保つ(たもつ) ナマコ・海鼠(なまこ) ナメクジ・蛞蝓(なめくじ)
ナメクジウオ・蛞蝓魚 パイナップル 莫久来(ばくらい)
撥海鼠・撥子(ばちこ) ヒトデ・海星(ひとで) 蓋(ふた)
棒海鼠・棒子(ぼうこ) 炎・焔(ほのお) 火屋(ほや)
ホヤ・寄生(ほや) ヤドリギ・宿木(やどりぎ) 夜(よる)
ランプシェード

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス