包丁

【意味】 包丁とは、料理に使う刃物の総称。

【包丁の語源・由来】

包丁は、同音漢字の書き換えで、元来は「庖丁」と書く。
『荘子・養生主篇』の中に、文恵君のために庖丁が上手に牛を骨と肉に分けた話があり、伝説的な料理の名人として「庖丁」が登場することから、包丁の語源は料理人の名前とされることが多いが、原義を知らずに出された説で、名前という根拠はない。
漢語で「包(庖)」は肉を包んでおく場所で「台所」を意味し、「丁」はその仕事に従事する人や使用人を意味する語で、職名か一般名称と解釈するのが妥当である。
上記の話から、「庖丁」は料理人一般を指すようになり、日本でも平安時代以前には料理人をいい、料理をすることや料理の腕前もさすようになった。
やがて、庖丁(料理人)が使う刃物を「庖丁刀」と言うようになり、室町時代頃から「刀」が略され、料理に使う刃物の総称となっていった。
また、「畳包丁」「紙切り包丁」「裁縫用の裁ち包丁」など、「薄刃の刃物」の意味でも用いられるようになった。

【関連語】

合口・匕首(あいくち) 板前(いたまえ) ウシ・牛(うし)
エプロン おさんどん 斧(おの)
刀(かたな) 割烹着(かっぽうぎ) 鎌(かま)
カンナ・鉋(かんな) キッチン 錐(きり)
切る・斬る・伐る(きる) ギロチン 厨(くりや)
コック サーベル 刺身(さしみ)
シェフ 台所(だいどころ) 鏨(たがね)
竹光(たけみつ) 太刀(たち) 剣(つるぎ)
出刃包丁(でばぼうちょう) ドス ナイフ
薙刀・長刀(なぎなた) 鉈(なた) 名前(なまえ)
鈍ら刀(なまくらがたな) 肉(にく) ノコギリ・鋸(のこぎり)
ノミ・鑿(のみ) 刃(は) ハサミ・鋏(はさみ)
矛・鉾(ほこ) 骨(ほね) 鉞(まさかり)
まな板(まないた) メス(小刀) 銛(もり)
刃(やいば) やす 柳刃包丁(やなぎばぼうちょう)
槍・鑓・鎗(やり) 料理(りょうり)

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス