幇間

【意味】 幇間とは、宴席などで遊客の機嫌をとり、酒宴を盛り上げることを職業とする男。太鼓持ち。男芸者。

【幇間の語源・由来】

幇間の「幇」は、助けるの意味、「間」は人と人の間、つまり人間関係のことで、「幇間」は客と客、客と芸者の間を助ける、酒宴の雰囲気が途切れた際に興を助けるという意味となる。
幇間の俗称が「太鼓持ち」であることから、「幇間」と書いて「たいこ」や「たいこもち」と呼ぶこともある。
また、正式な師匠に付かず、見よう見まねで行う者は「野幇間(のだいこ)」という。

【関連語】

間(あいだ) 宴(うたげ) 煽てる(おだてる)
おべっか おべんちゃら 阿る(おもねる)
花柳界(かりゅうかい) 機嫌(きげん) 客(きゃく)
腰巾着(こしぎんちゃく) 媚びる(こびる) 胡麻を摺る(ごまをする)
酒(さけ) 座敷(ざしき) 師匠(ししょう)
太鼓(たいこ) 太鼓持ち(たいこもち) 助ける・援ける(たすける)
茶坊主(ちゃぼうず) ちやほや 提灯持ち(ちょうちんもち)
道化・道化師(どうけ・どうけし) ピエロ 人(ひと)
諂う・諛う(へつらう) 褒める・誉める(ほめる) 水商売(みずしょうばい)
モノマネ・物真似(ものまね) ヨイショ 落語(らくご)

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス