ほうほうのてい

【意味】 ほうほうのていとは、散々な目にあったり、恥をかいたりして、やっとのことで逃げ出すさま。慌てふためいて逃げ出す様子。ほうほうの体。

【ほうほうのていの語源・由来】

ほうほうのていの「ほうほう」は漢字で「這う這う」と書く通り、這うようにして歩くさまや、やっとのことで歩くさまを表す。
転じて、散々な目にあってかろうじて逃げ出すさまも表すようになった。
「てい」は「体が悪い」や「体裁」というように、外から見た様子や姿の意味である。
この意味の「てい」は漢字で「体」「態」と書くため、一般的ではないが「ほうほうの態」と表記されることもある。

【関連語】

歩く(あるく) 慌てる(あわてる) 一目散(いちもくさん)
エスケープ 隠れる(かくれる) 駆け落ち(かけおち)
体(からだ) 辛うじて(かろうじて) 消える(きえる)
危機一髪(ききいっぱつ) 晦ます・暗ます(くらます) 消す(けす)
避ける(さける) サボる 散々(さんざん)
出奔(しゅっぽん) 進退窮まる(しんたいきわまる) すっぽかす
ずらかる 絶体絶命(ぜったいぜつめい) 切羽詰る(せっぱつまる)
瀬戸際(せとぎわ) 高飛び(たかとび) 立ち往生(たちおうじょう)
逐電(ちくでん) ドタキャン 土壇場(どたんば)
ドロンする どろんを決める とんずら
逃げる(にげる) にっちもさっちも 逃れる(のがれる)
のっぴきならない 背水の陣(はいすいのじん) 這う(はう)
恥(はじ) ばっくれる ふける
ふためく 亡命(ぼうめい) 免れる(まぬがれる)

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

類語辞典違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス