判官贔屓

【意味】 判官贔屓とは、不遇な身の上の人や弱い者に同情して肩を持ったり、応援すること。判官びいき。

【判官贔屓の語源・由来】

判官とは平安時代に置かれた検非違使の尉のことだが、判官贔屓の「判官」は「九郎判官」と呼ばれた源義経をさす。
平家討伐に功績のあった義経は人々から賞賛されたが、兄の頼朝に憎まれた。
奥州平泉に逃げた義経は、藤原秀衡に助けられたが、秀衡の死後、秀衡の子である泰衡に襲われ、自ら命を絶った。
あえない最期を遂げた義経に人々が同情し、贔屓したことから、「判官贔屓」という言葉が生まれた。
「判官贔屓」は、「ほうがんびいき」とも「はんがんびいき」とも読む。

【関連語】

哀れ・憐れ(あわれ) 労る(いたわる) 慈しむ(いつくしむ)
愛おしい(いとおしい) 依怙贔屓(えこひいき) 思いやる(おもいやる)
気の毒(きのどく) シンパシー 情け(なさけ)
贔屓(ひいき) 不憫(ふびん) 味方(みかた)
惨め(みじめ) 弱い(よわい)

【オススメ情報】

【オールガイドリンク】

判官贔屓の意味・用例・出典・類義・対義・英語表現 - 故事ことわざ辞典
判官贔屓の意味・読み・漢検級・由来・類義語・対義語 - 平明四字熟語辞典

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

類語辞典違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス