ホトトギス

【意味】 ホトトギスとは、カッコウ目カッコウ科の鳥。全長約30センチ。日本には夏鳥として渡来する。

【ホトトギスの語源・由来】

ホトトギスの名は「ホトホト」と聞こえる鳴き声からで、「ス」はカラス・ウグイスなどの「ス」と同じく、小鳥の類を表す接尾語と考えられる。
漢字で「時鳥」と表記されることから「時(とき)」と関連付ける説もあるが、ホトトギスの仲間の鳴き声を「ホトホト」と表現した文献も残っているため、鳴き声からと考えるのが妥当であろう。
江戸時代に入ると、ホトトギスの鳴き声は「ホンゾンカケタカ(本尊かけたか)」「ウブユカケタカ(産湯かけたか)」、江戸時代後期には「テッペンカケタカ(天辺かけたか)」などと表現されるようになり、名前が鳴き声に由来することが解りづらくなった。
「トッキョキョカキョク(特許許可局)」という鳴き声は、戦後から見られる。
ホトトギスには、「杜鵑」「時鳥」「不如帰」「子規」「杜宇」「蜀魂」「田鵑」など多くの漢字表記があり、「卯月鳥(うづきどり)」「早苗鳥(さなえどり)」「魂迎鳥(たまむかえどり)」「死出田長(しでのたおさ)」など異名も多い。

【関連語】

アフリカカッコウ・アフリカ郭公 ウグイス・鶯(うぐいす) 鶯の卵の中のほととぎす
オナガカッコウ・尾長郭公 カッコウ・郭公(かっこう) カラス・烏(からす)
カンコドリ・閑古鳥(かんこどり) カンムリカッコウ・冠郭公 クロカッコウ・黒郭公
声(こえ) ジヒシンチョウ・慈悲心鳥 ジュウイチ
セグロカッコウ・背黒郭公 セレベスジュウイチ チャイロジュウイチ
チャムネカッコウ・茶胸郭公 ツツドリ・筒鳥(つつどり) 時(とき)
トリ・鳥(とり) 泣く・鳴く・啼く(なく) 夏(なつ)
ハイイロカッコウ・灰色郭公 ハイタカジュウイチ ハシブトカッコウ・嘴太郭公
バンケン ヒメカッコウ・姫郭公 ホトトギス・杜鵑草(ユリ科)
マダガスカルホトトギス マダラカンムリカッコウ・斑冠郭公

【オススメ情報】

【オールガイドリンク】

ホトトギス・時鳥のことわざ・慣用句・故事成語・四字熟語 - 故事ことわざ辞典

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

オールガイド故事ことわざ辞典四字熟語辞典類語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス