ホタテ

【意味】 ホタテとは、ホタテガイの略称。イタヤガイ科の二枚貝。浅海の砂礫底にすむ。貝殻は丸みのある扇形で、殻頂の両脇に耳状の突起がある。オウギガイ。ウミオウギ。秋田貝。ホタテ貝。

【ホタテの語源・由来】

ホタテの語源は、一方の殻を船にし、もう一方を帆のように立てて走ると信じられていたことから付いた名である。
実際は殻を開閉して噴射する水の勢いで移動するが、ホタテの生態が解っていない時代に付けられたので、「帆立」と呼ばれるようになった。
ホタテは殻が扇形をしていることから、「オウギガイ(扇貝)」や「ウミオウギ(海扇)」などとも呼ばれ、秋田藩主佐竹氏の家紋が扇形で、殻の形と似ることから「秋田貝」とも呼ばれる。

【関連語】

アオヤギ・青柳(あおやぎ) アカガイ・赤貝(あかがい) アコヤガイ・阿古屋貝
アサリ・浅蜊(あさり) アズマニシキガイ・東錦貝 イガイ・貽貝(いがい)
イタヤ・板屋貝(いたやがい) 海(うみ) オイスター
扇(おうぎ) 貝(かい) カキ・牡蠣(かき)
殻(から) カラスガイ・烏貝(からすがい) キンチャクガイ・巾着貝
シャクシガイ・杓子貝 シオフキガイ・潮吹き貝 シジミ・蜆(しじみ)
タイラギ 立つ(たつ) トリガイ・鳥貝(とりがい)
ニシキガイ・錦貝(にしきがい) ヒオウギガイ・檜扇貝 バカガイ・馬鹿貝(ばかがい)
ハマグリ・蛤(はまぐり) 船・舟(ふね) 帆(ほ)
ホッキガイ・北寄貝(ほっきがい) マテガイ・馬蛤貝・馬刀貝 ワスレガイ・忘れ貝(わすれがい)

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス