ホタル

【意味】 ホタルとは、ホタル科の甲虫の総称。世界に約二千種が分布。日本ではゲンジボタル・ヘイケボタル・ヒメボタルなど約四十種が知られる。腹部に発光器をもち、青白い光を放つことで有名だが、ほとんど発光しない種も多く存在する。

【ホタルの語源・由来】

ホタルの語源には、「ほたり・れ(火垂)」の転、「ほてり・れ(火照)」の転、「ひたる(火足)」の転、「ほたる(火立る)」の意味、「ほしたる(星垂)」の意味など諸説ある。
これらの説は、ホタルの特長である「光」を基本に考えられており、「ほ」を「火」の母音交替形とする点でも一致していることから、ホタルの「ホ」については「火」と考えて間違いないであろう(「星」の「ほ」も「火」が語源と考えられている)。
ホタルの「タル」については、「火垂」や「火照」の説が有力とされているが、どれも決定的ではないため未詳である。

【関連語】

青(あお) アメンボ・水黽・水馬(あめんぼ) アリ・蟻(あり)
アリヅカムシ・蟻塚虫 エンマムシ・閻魔虫 オサゾウムシ・筬象虫
オサムシ・歩行虫・筬虫 カゲロウ・蜻蛉・蜉蝣 カツオブシムシ・鰹節虫
カッコウムシ・郭公虫 カブトムシ・兜虫・甲虫 カミキリムシ・天牛(かみきりむし)
カミキリモドキ・天牛擬 ガムシ・牙虫(がむし) 川・河(かわ)
キクイムシ・木食虫 クワガタムシ・鍬形虫 蛍雪の功(けいせつのこう)
ゲンゴロウ・源五郎 ゲンジボタル・源氏蛍 コオロギ・蟋蟀(こおろぎ)
コガネムシ・黄金虫・金亀子 ゴキブリ ゴミムシ・塵芥虫・歩行虫
ゴミムシダマシ・塵虫騙し コメツキムシ・米搗虫 昆虫(こんちゅう)
シデムシ・埋葬虫(しでむし) シバンムシ・死番虫 ジョウカイボン・浄海坊
白(しろ) センチコガネ・雪隠金亀子 ゾウムシ・象虫(ぞうむし)
タマムシ・玉虫(たまむし) ツチハンミョウ・土斑猫 テントウムシ・天道虫
ドロムシ・泥虫(どろむし) ハナノミ・花蚤(はなのみ) ハネカクシ・羽隠・隠翅虫
ハムシ・葉虫・金花虫(はむし) 腹(はら) ハンミョウ・斑猫(はんみょう)
火(ひ) 光(ひかり) ヒメボタル・姫蛍(ひめぼたる)
ヒョウタンゴミムシ・瓢箪塵虫 ヒラタムシ・扁虫(ひらたむし) ヘイケボタル・平家蛍
ボウフラ・孑孑(ぼうふら) 星(ほし) ホタルイカ・蛍烏賊(ほたるいか)
ホタルガイ・蛍貝(ほたるがい) ホタルカズラ・蛍蔓(ほたるかずら) ホタルカミキリ・蛍天牛
ホタルグサ・蛍草(ほたるぐさ) ホタルサイコ・蛍柴胡 ホタルジャコ・蛍雑魚
ホタルブクロ・蛍袋 マメゾウムシ・豆象虫 ミズスマシ・水澄(みずすまし)
虫(むし)

【オススメ情報】

【オールガイドリンク】

ホタル・蛍のことわざ・慣用句・故事成語・四字熟語 - 故事ことわざ辞典

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

類語辞典違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス