【意味】 星とは、夜空に点々と小さく光って見える天体。小さな丸いしるし。斑点。目当て。犯罪容疑者または犯人をいう隠語。

【星の語源・由来】

星の語源には、「ほそひ(細火)」や「ほし(火気)」、「ほしろ(火白・日白)」など諸説あるが、「ほいし(火石)」の意味とする説が妥当であろう。
天体以外の意味で用いる「星」は、天体の星にたとえた表現なので、そこに語源をもとめることはできない。

【関連語】

天の川(あまのがわ) アルタイル 石(いし)
宇宙(うちゅう) 占い(うらない) 御天道様(おてんとうさま)
織姫(おりひめ) 暁天の星(ぎょうてんのほし) 綺羅星(きらぼし)
銀河(ぎんが) クエーサー 恒星(こうせい)
コスモス コメット サテライト
印・標・証(しるし) 彗星(すいせい) スター
図星(ずぼし) 空(そら) 太陽(たいよう)
七夕(たなばた) 小さい(ちいさい) 月(つき)
天狗星(てんぐせい) 糠星(ぬかぼし) ノバ
パルサー ハレー彗星(すいせい) 日(ひ)
火(ひ) 彦星(ひこぼし) ヒトデ・海星(ひとで)
プラネタリウム プラネット ベガ
ホシガレイ・星鰈(ほしがれい) ホシクサ・星草(ほしくさ) ホシザメ・星鮫(ほしざめ)
ホロスコープ 丸・円(まる) ミルキーウェイ
目星(めぼし) ロケット 惑星(わくせい)

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス