ホオジロ

【意味】 ホオジロとは、スズメ目ホオジロ科の鳥。全体に褐色で顔は黒く、眉・頬・喉が白い。

【ホオジロの語源・由来】

歴史仮名は「ホホジロ」、漢字で「頬白」と書くように、頬の白さが目立つことからの名。
ただし、頬全体が白いわけではないし、眉や喉など白い箇所は他にもある。
そのため、「シロ(ジロ)」は、白い色がまだら状に混じって著しいことから、「イチジロシ(イチジルシ)」の「シロ」といった見解もある。

【関連語】

アオジ・蒿雀・青鵐(あおじ) 色(いろ) オオジュリン・大寿林
カシラダカ・頭高(かしらだか) クロジ・黒鵐(くろじ) コジュリン・小寿林(こじゅりん)
シマアオジ・島青鵐(しまあおじ) シマノジコ・島野路子(しまのじこ) 白(しろ)
スズメ・雀(すずめ) ダーウィンフィンチ トリ・鳥(とり)
ノジコ・野鵐・野路子(のじこ) 喉・咽(のど) フウキンチョウ・風琴鳥
頬(ほお・ほほ) ホオアカ・頬赤(ほおあか) 眉(まゆ)
ミヤマホオジロ・深山頬白 レンジャクノジコ・連雀野路子

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス