ほくそ笑む

【意味】 ほくそ笑むとは、物事が思い通りになり、ひそかに笑う。

【ほくそ笑むの語源・由来】

ほくそ笑むの「ほくそ」は、「北叟(ほくそう)」のこと。
北叟とは、古く中国で北方の砦に住むとされた老人 塞翁のことで、北叟が喜ぶときにも憂うときにも少し笑ったという故事から、「ほくそう笑む」が転じて「ほくそ笑む」となったとされる。
室町時代の『源平盛衰記』にも「ほくそえむ」「ほくそわらふ」の例が見られる。

【関連語】

浮かれる(うかれる) 有卦に入る(うけにいる) 有頂天(うちょうてん)
愁い・憂い(うれい) 嬉しい(うれしい) 上の空(うわのそら)
塞翁が馬(さいおうがうま) 幸せ(しあわせ) 仕草・仕種(しぐさ)
したり顔(したりがお) しめしめ 棚から牡丹餅(たなからぼたもち)
どや顔(どやがお) 砦・塞・塁・寨(とりで) とんとん拍子
若気る(にやける) はにかむ 密か(ひそか)
冥加(みょうが) 冥利(みょうり) メロメロ
勿怪の幸い(もっけのさいわい) 喜ぶ(よろこぶ) わくわく
災い転じて福となす 笑い(わらい)

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス