ほくろ

【意味】 ほくろとは、皮膚の表面にある黒ないし褐色の班で、母斑の一種。小豆大までのものをいう。こくし。

【ほくろの語源・由来】

ほくろは、平安初期から鎌倉初期には「ハハクソ(母糞)」と言った。
「くそ」は「目くそ」「鼻くそ」など「垢」や「カス」の意味で用いられる「くそ」で、ほくろが「ハハクソ」と呼ばれていたのは、母の胎内でついたカスと考えられていたことによる。
鎌倉初期から中期頃には、「ハハクロ(母黒)」とも呼ばれるようになった。
更に「ハハクロ」から「ハワクロ」「ハウクロ」と変化していき、「ハウクロ」が長音化して「ホークロ」となり、「ホークロ」が短音化して「ホクロ」となった。
『天正十八年節用集』や『日葡辞書』に「ホクロ」とあることから、室町時代末期には「ホクロ」が一般的な呼称となっていたと考えられている。
漢字で「黒子」と書くのは、ほくろを意味する「こくし(黒子)」を当てたものである。

【関連語】

垢(あか) 皹・皸(あかぎれ) 痣(あざ)
アズキ・小豆(あずき) 汗疹(あせも) アトピー
痘痕(あばた) 疣(いぼ) 魚の目(うおのめ)
膿(うみ) 御出来(おでき) 粕・糟・滓(かす)
皮・革(かわ) ガン・癌(がん) 傷(きず)
糞・屎(くそ) 隈・曲・阿(くま) 黒(くろ)
ケガ・怪我(けが) 瘤(こぶ) 痔(じ・ぢ)
凝り・痼り(しこり) 霜焼け(しもやけ) 皺・皴(しわ)
蕁麻疹(じんましん) 雀斑(そばかす) 胼胝・胝(たこ)
田虫(たむし) たん瘤(たんこぶ) ニキビ・面皰(にきび)
麻疹(はしか) 肌・膚(はだ) 鼻(はな)
母(はは) 贅(ふすべ) 砲創・砲瘡(ほうそう)
肉刺(まめ) 水虫(みずむし) 目・眼(め)
面疔(めんちょう) 蒙古斑(もうこはん) 物貰い(ものもらい)
火傷(やけど)

【オススメ情報】

【オールガイドリンク】

黒子(ほくろ)の類語・同義語 - 類語同義語辞典

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

類語辞典違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス