坊主

【意味】 坊主とは、僧侶。頭に毛がないこと(人)。男の子に親しみを込めて、またはぞんざいに呼ぶ語。釣りで一匹も釣れないこと。餌が無くなること。房主。

【坊主の語源・由来】

「坊」は奈良時代・平安時代の都城制で区画された一部のことで、四面を大路に囲まれた一画をいった語である。
平安京で四町四方を「坊」と称したのも、この「坊」に由来する。
のちに、「坊」は大寺院に所属する小さな寺院をさすようになり、寺院内の一坊の主人・寺房の住職を「坊主」というようになり、室町時代以降、「一坊の主人」の意味が転じて、一般僧侶の俗称となった。
頭に毛がない人を呼ぶのは、僧の剃髪した頭と関連付けたもので、頭を丸めることを「坊主刈り」とも言う。
男の子を呼ぶのは、剃髪する習慣があったことに由来する。
釣りで一匹も釣れないことをいうのは、百人一首の「坊主めくり」で僧の札をめくった者は持ち札を全部場に出し無くしてしまうことからとする説もあるが、一匹も釣れないことを「おでこ」とも言うことから、餌が無くなることを毛が無いことに喩えたと考えられる。

【関連語】

頭(あたま) 餌(えさ) おかっぱ
おけらになる おでこ ガキ・餓鬼(がき)
カツラ・鬘(かつら) 髪(かみ) 刈る・苅る(かる)
金柑頭(きんかあたま) 毛(け) 袈裟(けさ)
子(こ) 小僧(こぞう) 剃る(そる)
托鉢(たくはつ) ちび 丁髷(ちょんまげ)
丁稚(でっち) 寺(てら) てるてる坊主(ぼうず)
床屋(とこや) ハゲ・禿(はげ) 禿げ茶瓶(はげちゃびん)
バリカン 坊主憎けりゃ袈まで憎い 坊主の鉢巻き(ぼうずのはちまき)
坊主丸儲け(ぼうずまるもうけ) 坊や(ぼうや) 仏(ほとけ)
三日坊主(みっかぼうず) 木魚(もくぎょ) モヒカン

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス