亡命

【意味】 亡命とは、政治・宗教・思想などの理由による迫害を避けるため、自国から外国へ逃れること。

【亡命の語源・由来】

亡命の「亡」の字は囲いで隠すさまを示した会意文字で、「あったものが姿を消す」「見えなくなる」といった意味を含み、「亡+心」の「忘」の字にも「心中からなくなる」という意味がある。
亡命の「命」には「戸籍」「名籍」などの意味もあり、「戸籍をなくす」という意味から、亡命は「戸籍を抜けて姿を隠すこと」が本来の意味であった。
戸籍を抜けて姿をくらますことから、亡命は他国へ逃亡する意味となった。
さらに、外国へ逃亡することは本国が安泰でないことが背景にあるため、戸籍を抜けて外国へ逃亡することの要因も含めて「亡命」というようになった。

【関連語】

一目散(いちもくさん) 命(いのち) エスケープ
革命(かくめい) 隠れる(かくれる) 駆け落ち(かけおち)
消える(きえる) クーデター 国(くに)
苦肉の策(くにくのさく) 晦ます・暗ます(くらます) 消す(けす)
心(こころ) 避ける(さける) 流離う(さすらう)
サボる 彷徨う・さ迷う(さまよう) 出奔(しゅっぽん)
姿(すがた) すっぽかす ずらかる
政治(せいじ) 高飛び(たかとび) 旅(たび)
逐電(ちくでん) テロ ドタキャン
ドロンする どろんを決める とんずら
逃げる(にげる) 逃れる(のがれる) ばっくれる
ふける 這う這うの体(ほうほうのてい) 免れる(まぬがれる)
名字・苗字(みょうじ) 忘れる(わすれる)

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典なぜなに大事典故事ことわざ辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス