傍若無人

【意味】 傍若無人とは、周りの人の目など気にせず、勝手気ままに振る舞うこと。また、そのさま。

【傍若無人の語源・由来】

出典は、中国の『史記(刺客列伝)』の次の故事から。
秦の時代、刺客の荊軻(けいか)は高漸離(こうぜんり)達と燕(北京)で毎日酒を飲んでいた。
宴もたけなわになると街の中を歩きながら、高漸離は楽器を鳴らし、荊軻はそれに合わせて歌い、騒ぎわめいた挙句、抱き合って泣き出したりしていた。
まるでその様子が、「傍らに人無きが若し(ごとし)」であったという。

【関連語】

阿婆擦れ(あばずれ) 宴(うたげ) エチケット
おきゃん お転婆(おてんば) 傍ら・側(かたわら)
勝手(かって) 行儀(ぎょうぎ) 酒(さけ)
騒ぐ(さわぐ) 自由(じゆう) 酣・闌(たけなわ)
だらしない 秩序(ちつじょ) 天衣無縫(てんいむほう)
天真爛漫(てんしんらんまん) 野放図・野放途(のほうず) はしたない
蓮っ葉(はすっぱ) 羽目を外す(はめをはずす) 人(ひと)
ふしだら 振る舞う(ふるまう) マナー
無邪気(むじゃき) モラル やんちゃ
横紙破り(よこがみやぶり) 横車を押す(よこぐるまをおす) 我儘(わがまま)
喚く(わめく) 腕白(わんぱく)

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス