ボタン

【意味】 ボタンとは、ボタン科の落葉小低木。中国原産。5月ごろ、紅・白・紫・黄色などの大形の花が咲く。

【ボタンの語源・由来】

ボタンは、古く中国から渡来した植物で、漢語「牡丹」の音読み。
牡丹の「牡」は「オス」の意味で、雄しべや雌しべが花弁に変わり、種子ができていくところから、「牡」と形容されたもの。
「牡」は、呉音では「ム」「モ」、漢音が「ボウ」で、その慣用音が「ボ」である。
そのため、古くは「ボウタン」とも呼ばれた。
牡丹の「丹」は「赤」の意味で、ボタンの花の色は黄色や紫・白などさまざまであるが、赤い花が基本とされていたことに由来する。
漢語「牡丹」の語源には、ギリシャ語で「植物」を意味する「Botane」の音訳といった説もあるが、音が近いことから考えられただけの説で、根拠となるものは特にない。

【関連語】

赤(あか) アキカラマツ・秋唐松 アネモネ
イチリンソウ・一輪草 ウマノアシガタ・馬の足形 エンコウソウ・猿猴草
オウレン・黄連・黄蓮 オキナグサ・翁草(おきなぐさ) 雄蕊(おしべ)
オス・雄・牡(おす) オダマキ・苧環(おだまき) カザグルマ・風車(かざぐるま)
ガショウソウ・鵝掌草 カラマツソウ・唐松草 ガンジツソウ・元日草
木・樹(き) 黄色(きいろ) キツネノボタン・狐の牡丹
キンバイソウ・金梅草 キンポウゲ・金鳳花 クサボタン・草牡丹
クリスマスローズ 紅(くれない) クレマチス
クロタネソウ・黒種草 コトブキグサ・寿草 コマノアシガタ・駒の足形
サラシナショウマ・晒菜升麻 シナノキンバイ・信濃金梅 シャクヤク・芍薬(しゃくやく)
シュウメイギク・秋明菊 白(しろ) セツブンソウ・節分草
センニンソウ・仙人草 タガラシ・田芥(たがらし) 立てば芍薬座れば牡丹……
ツイタチソウ・朔日草 テッセン・鉄線(てっせん) デルフィニウム
トリカブト・鳥兜(とりかぶと) ニリンソウ・二輪草 ノボタン・野牡丹(のぼたん)
バイカオウレン・梅花黄蓮 バイカモ・梅花藻(ばいかも) ハクサンイチゲ・白山一華
花・華(はな) ハナイチゲ・花一華 ハナキンポウゲ・花金鳳花
ハボタン・葉牡丹(はぼたん) ハンショウヅル・半鐘蔓 ヒエンソウ・飛燕草
フクジュソウ・福寿草 フクベラ ベニバナオキナグサ・紅花翁草
牡丹餅(ぼたもち) ぼたん(猪の肉) ボタンイチゲ・牡丹一華
ボタンエビ・牡丹海老 ボタンヅル・牡丹蔓 ボタンボウフウ・牡丹防風
ミスミソウ・三角草 ミツバオウレン・三葉黄蓮 ミヤマオダマキ・深山苧環
ムラサキ・紫(むらさき) 雌蕊(めしべ) モミジカラマツ・紅葉唐松
ヤマシャクヤク・山芍薬 ラナンキュラス ルイヨウショウマ・類葉升麻
レイジンソウ・伶人草 レンゲショウマ・蓮華升麻

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス