ボラ

【意味】 ボラとは、ボラ目ボラ科の海水魚(スズキ目の分類もある)。出世魚のひとつで、地域によって異なるが一般に3センチ程度をハク、5~10センチをオボコ・スバシリ、20センチ程度をイナ、30~40センチをボラ、50センチ以上をトドと呼ぶ。卵巣は塩漬けにしてからすみにする。

【ボラの語源・由来】

「はらぶと(腹太)」とも呼ばれることから、「ほはら(太腹)」か「ほほはら(含腹)」が変化したと考えられる。
また、体などが大きいことを「ボラ」と言う地方もあるので、体(腹)が大きいこととから付いた名前と考えて間違いないであろう。

【関連語】

イキナゴ イセゴイ・伊勢鯉(いせごい) イナ・鯔(いな)
海(うみ) エブナ・江鮒(えぶな) 大きい(おおきい)
オボコ からすみ 体(からだ)
クチメ・口女(くちめ) 魚(さかな) 塩(しお)
出世魚(しゅっせうお) スズキ・鱸(すずき) スバシリ・州走・洲走(すばしり)
算盤玉(そろばんだま) 卵・玉子(たまご) トド・鯔(とど)
ナタネボラ ナヨシ・名吉・鯔(なよし) ハク・白(はく)
腹(はら) ハラブト・腹太(はらぶと) 太い(ふとい)
メナダ・目奈陀・赤目魚

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス