ぼんのくぼ

【意味】 ぼんのくぼとは、うなじの中央のくぼんだ所。頸窩(けいか)。盆のくぼ。

【ぼんのくぼの語源・由来】

ぼんのくぼの語源は以下のとおり諸説あり、正確な未詳。
1.盆の窪の「盆」は当て字で、「坊(ぼん)の窪み」。つまり「坊主頭」からとする説。
坊主頭にした際、窪んでいることがよくわかる部分なので、やや有力と考えられる。
江戸時代、小児のうなじ中央部分だけを残して剃った髪形も言ったが、既に「ぼんのくぼ」という語があり生まれた言葉で、語源とは関係ないと思われる。
2.盆の窪の「盆」が頭部を表し、頭の窪みの意味とする説。
「鉢巻き」の「鉢」が頭のまわりを意味するため、「盆」を丸いものとした説だが、「盆」は「丸いもの」ではなく「平たいもの」を指す言葉なので考え難い。
また、盆の窪の「盆」が平たい部分を表していたとしても、通常「窪み」は平らなところに対してできるもので、あえて「平ら」とするのは不自然である。
3.盆の窪の「盆」は当て字で、「ほねのくぼ(骨窪)」が訛ったとする説。
意味的には解からなくもないが、「ほね」が音変化したという部分は難しい。
4.「くぼみのくぼ(頚窪)」の意味とする説。
「頚(首)」が「くぼみ」や「くびれ」が語源と考えられていることを表しただけで、盆の窪の「盆」について触れていないため、ぼんのくぼの語源としては必要ないであろう。

【関連語】

顎(あご) 頭(あたま) 穴・孔(あな)
項(うなじ) 靨・笑窪(えくぼ) お盆(おぼん)
髪(かみ) 体(からだ) 首・頸(くび)
凹み・窪み(くぼみ) 頭・首(こうべ) 蟀谷(こめかみ)
剃る(そる) 平ら(たいら) 喉・咽(のど)
喉仏(のどぼとけ) ハゲ・禿(はげ) 鉢(はち)
ハチマキ・鉢巻(はちまき) 臍(へそ) 弁慶の泣き所
坊主(ぼうず) 骨(ほね) 丸・円(まる)
鳩尾(みぞおち)

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

意味類語辞典違いがわかる事典なぜなに大事典故事ことわざ辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス