ぼんくら

【意味】 ぼんくらとは、頭の働きが鈍く、物事の見通しが利かないさま(人)。

【ぼんくらの語源・由来】

ぼんくらは、盆の上での勝負に対する目利きが暗いことから、勝負によく負ける人を賭博用語で「盆暗」と呼んだことが語源とされる。
別説では、お盆の暑い頃に蔵の土を塗ると乾きが均等にならないため、お盆に造られた蔵を「盆蔵(ぼんくら)」と言いったことによるとする説もある。
しかし、漢字「盆蔵」が使われた例が見られないことや、「蔵」は「くら」と読むにも関わらず、「暗」の字に転じた経緯が定かでなく、不自然なことから俗説と考えられる。
また、意気地なしのことを「ぼんくら」と言った例があるため、幼児を意味する「坊」が変化した「ぼん」に「盆」の字が当てられたとする説もある。

【関連語】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス