墨守

【意味】 墨守とは、自説や昔からの習慣を固く守ること。

【墨守の語源・由来】

墨守の「墨」は、中国春秋時代の思想家の墨子(ぼくし)のこと。
墨子が、九回にわたって楚の攻撃から宋の城を守り通しという故事から、古い習慣や自説を頑なに守ることを「墨守」というようになった。

【関連語】

意固地・依怙地(いこじ) 一点張り(いってんばり) 一辺倒(いっぺんとう)
一本槍(いっぽんやり) 堅い・固い・硬い(かたい) 頑な(かたくな)
株を守りて兎を待つ 株を守る(くいぜをまもる) 杭を守る(くいをまもる)
剣を落として舟を刻む 強情・剛情(ごうじょう) 告朔の餼羊(こくさくのきよう)
拘り(こだわり) 琴柱に膠す(ことじににかわす) しがみ付く(しがみつく)
仕来り(しきたり) 杓子定規(しゃくしじょうぎ) 守株・株守(しゅしゅ)
城(しろ) ステレオタイプ 唐変木(とうへんぼく)
囚われる・捕われる・捉われる 盤石(ばんじゃく) 一筋(ひとすじ)
偏屈・偏窟(へんくつ) 守る・護る(まもる) 紋切り型(もんきりがた)
融通(ゆうずう)

【オススメ情報】

【オールガイドリンク】

墨守(ぼくしゅ)の類語・同義語 - 類語同義語辞典

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

類語辞典違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス