ボールペン

【意味】 ボールペンとは、円錐形の先端に金属もしくはセラミックスの小さな球をはめ込み、運筆に応じて球が回転し、軸内からインクを出させて筆記できるペン。

【ボールペンの語源・由来】

ボールペンは、英語「ballpoint pen」の「point(先端)」を略した語で、先端に小球がはめ込まれていることからこの名がある。
ボールペンを最初に発明したのは、1884年、アメリカ人のジョン・ラウドであるが、インク漏れがひどく実用には至らなかった。
1943年、ハンガリー人のラディスラオ・ピロによって改良され、1950年代からインク漏れの少ないボールペンが市場に出回るようになった。

【関連語】

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典なぜなに大事典故事ことわざ辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス